1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 生活お役立ち情報
  3. 第4回:災害対策 〜地震対策ってどうしたらいいの?〜

生活お役立ち情報

第4回:災害対策 〜地震対策ってどうしたらいいの?〜

page.1/1
「日本は地震列島だ」なんて言葉をよく聞きますが、まさにその通りで、毎年のように各地で大きな地震が発生しています。また、“いつきてもおかしくない”と言われている東海地方をはじめ、宮城県沖地震も発生の確率がますます高まっているようです。
地震は、人間がいくら知恵をしぼっても止める事はできません。また、今の所は予知もできません。ということは、普段から危機意識を持って準備を整えておくしかないのが現状です。
そんな中、皆さんは地震対策は万全ですか?今回の特集では、「どんな準備が必要なのか?」を重点的に取り扱います。
<準備が肝心!>
  (1)家の中のチェック  
    大きな地震が発生した時に一番最初に危険なのが、家具の転倒によるケガです。
タンスや食器棚などの大きな家具にはきちんと「転家具転倒防止用品倒防止用品」で対策をとりましょう。
また食器棚などは、扉が開いて食器が飛び出すと、食器が割れるだけでなく割れた食器によってケガをする恐れがありますので、扉開き防止のパーツを取り付けましょう。
また、家具が倒れてドアなどの出口をふさない様に家具のレイアウトにも気をつけましょう。
 
     →転倒防止用品について詳しくはこちら  
  (2)家の外のチェック  
 
建物自体のチェックもしておきましょう。
建物周辺のブロック塀などの強度や、建物の壁にひび割れなどがないかなどチェックし、補強しておきましょう。
 
  (3)非常用持ち出しバッグの準備  
   

難の際に大切になってくる、非常用の持ち出しバックはすぐに持ち出せる所に置いておきましょう。

  →非常用持ち出しバッグについて詳しくはこちら 非常用持ち出しバッグ
 
  (4)家族との話し合い  
    家族で避難場所や避難経路家族との話し合い、また離ればなれになってしまった場合の連絡方法や集合場所などを話し合って決めておきましょう。
住所、氏名、血液型などを記入した避難カードを作って持ち歩くようにすることも大切です。
 
  (5)普段心掛けておくべきこと  
   
その他、普段心掛けて置きたいことは以下の様なことです。
ガスコンロ、ストーブなどの周りにもえやすい物を置かない。
お風呂の水は捨てない。断水した時に生活用水として使う事ができます。
ケガ防止のため、スリッパやスニーカーなどを枕元に用意しておく
 
<地震が発生したら…>
  (1)もし、家の中にいる時に地震が発生したら…  
    窓やドアを開けて出口を確保したら、テーブルの下などに身を隠し体と頭を守ります。落下物などの危険がありますので、あわてて外に飛び出さない様にします。揺れが治まったら、ガスなど火の始末をしましょう。  
  (2)もし、路上にいる時に地震が発生したら…  
    建物からの落下物(ガラスや破片)から身を守るため、カバンなどで頭を守ります。車両・足元に注意して近くの公園やグランドなど広い場所に避難しましょう。自動販売機やブロック塀などは倒れる危険があるので近づかないように注意して下さい。  
  (3)もし、ビルにいる時に地震が発生したら…  
    エレベーターは停止することがあるので、避難階段などを使い避難します。 万一エレベーター内で地震に遭った場合は、すぐに近くの階に止めて避難して下さい。 扉が開かないときは非常呼出しを押して指示に従います。  
  (4)もし、車の運転中に地震が発生したら…  
    他の車に注意しながら道路脇に寄せて停車します。カーラジオなどで情報を集めましょう。もし車を離れて避難する場合は、救助活動の障害となることも考えられますのでキーを付けたままにしておきます。  
<地震がきた後>
  (1)災害用伝言ダイヤルの使い方  
   
災害伝言ダイヤル171操作方法 災害伝言ダイヤル171操作方法
災害伝言ダイヤル171操作方法
災害伝言ダイヤル171操作方法 災害伝言ダイヤル171操作方法
 
  (2)避難の際に心掛けたいこと  
   
避難する際には以下の事に気をつけておきましょう。
塀や自動販売機は倒れる恐れがあるので、できるだけ避けて通りましょう。
自宅から避難場所へ避難する場合は、ガスの元栓を締め、電気のブレーカーも切っておきましょう。
避難の際は家の扉などに、家族の安否と避難場所、連絡先などを書いて貼っておきます。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。