1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 生活お役立ち情報
  3. 第8回:冬の結露対策

生活お役立ち情報

第8回:冬の結露対策

page.1/1
「寒い夜、ストーブをつけて部屋をしっかり暖めて、ふとカーテンを開けると、窓やサッシがビショビショ…なんてこと、よくありませんか?
冬場は特に多く発生するこの「結露」。悩まされている方も多いのではないでしょうか?今回は、結露の仕組みと対策について考えてみましょう!
<結露はなぜ起こるか?>
  空気中に含まれる水分の量は、温度によって異なり、高温になるほど多くの水分を含むことができます。ストーブなどで暖められた湿気を多く含んだ空気は、屋外と接した窓ガラス近辺などでは急激に冷やされます。温度が下がると、空気中に含むことのできる水分量は少なくなりますので、行き場を失った水分が、「結露」となってしまうのです。
また、昔の住宅に比べ、現代の住宅は気密性が高くなっています。特にマンションなどは、窓が少なく換気がしにくい構造ですので、たまった湿気の行き場がなくなり、結露が起きやすいのです。
 
  結露はなぜ起こるか?  

<結露の害>
  結露の発生によって起こりうる、さまざまな害にはどのようなものがあるのでしょうか?  
  【カビ】  
  カビ 結露が発生するということは、その周辺が高湿度ということであり、湿気が大好きなカビの発生しやすい状況でもあります。  
  【ダニ】  
  ダニ カビはダニのえさになるため、カビが発生すると、連動してダニの繁殖を招くことになります。  
  【健康への害】  
  健康への害 カビやダニの死がいは、アトピー性皮膚炎・小児ぜんそく ・アレルギー性皮膚炎などのアレルギー疾患の一因となることが判明しています。  
  たかが結露、とほったらかしにしておくと、深刻な問題にもなりかねません!早めに対策を考えましょう!  

<結露対策>
  結露対策には、まず湿気を少なくすることです。部屋の中に以下のような「湿度を上げるもの」がないか確認してみましょう。  
  ◎室内排気タイプのストーブやファンヒーター  
  室内排気タイプのストーブやファンヒーター室内で燃料を燃やして暖める、室内排気タイプのストーブやファンヒーターは、排気中に大量の水蒸気を発生させます。さらにストーブの上にやかんをのせるなんて、もってのほか!(昔の住居なら気密性が低いので問題なかったのですが…)水蒸気の発生しないエアコンや、パネルヒーターなどを選びましょう。  
  ◎室内干しの洗濯物  
  室内干しの洗濯物室内に洗濯物を干すと、水蒸気が部屋にこもって湿度が上がってしまいます。冬場は雨が降っていても、外のほうが室内よりも湿気が少ないので、屋根などがある環境なら外で干したほうが効果的です。  
  ◎加湿器  
  加湿器冬場は乾燥するため、加湿器を使用する方も多いと思いますが、つけっぱなしにしていると、水蒸気が大量に発生するので注意が必要です。  
  ◎植物や水槽  
  植物や水槽植物や水槽を室内に置くと、生物の呼吸によって、部屋の湿度が上がってしまいます。  
       
 

室内の温度差をなくすことも、結露の防止に効果的ですが、冬場は部屋の温度を下げることが難しいですね。定番の方法ですが、効果としてばかにできないのが「換気」です。定期的に換気を行って、室内にこもった水蒸気を減らせば、結露を軽減することができます。調理時や入浴後など、意識して換気を行うように心がけましょう。こまめに換気を!特に就寝前の換気は、朝方の結露防止に効果的です。5分間程度でもいいので、ぜひ実行しましょう。

窓の結露は、外との温度差を少なくすることが解決につながります。二重サッシにしたり、熱性能を向上させたガラスに取り替えるのが理想ですが、それもなかなか難しいものです。暖房器具を窓側に置いて、温度を下げないように工夫したり、先にも上げた換気をこまめに実行しましょう。
 
 
また、市販の結露対策グッズを試してみるのも一手です。
結露を処理するタイプ 窓ガラスに加工(熱性能を向上させる)タイプ

また押入れや家具の裏などは、少しでも風の通りがよくなるように、壁との間を数センチ開けるよう配置したり、すのこを敷くのも対策の一つです。
 

<まとめ>
  結露はいろいろな要因が重なり合って起こるため、対策がなかなか難しいかと思われますが、まずは定番、「こまめな換気」を行うことからはじめてみてはいかがでしょうか。地道な努力で快適な冬の生活を目指しましょう!  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。