1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.11 青い星のおとぎ話
子育てマンガ トマコさんち

-Page2/2-

驚くほどの騒音をあげたのだ…!!

驚くほどの騒音をあげたのだ…!!

「トマティ!愛しの君…!!
こんな夜中に勘弁しておくれよ…!!」

隣で眠っていたマーサンは突然の騒音に激しく怒り。
しかし昼間の狩猟でよほど疲れていたのか、またすぐ寝てしまった。

トマティは一人とても焦った。

「この騒音、どうやって止めたらいいのかしら…!!
このままじゃとってもご近所迷惑に違いないわ…!!」

慌ててスイッチを押してみたが、何も反応がない。
その間も騒音はずっと鳴り響く。

「ハッ、もしかして…!!」

トマティは慌てて装置の隣に寝転がってみた。

すると…。

騒音が止んだではないか!!

騒音が止んだではないか!!

「まぁ、この装置ってば隣にいなくなったら騒音を立てる仕組みになっているのね。
なんて強引な作りなのかしら。」

それでも騒音が鳴りやんだことに安堵したトマティだったが。
ふぅと溜息をついた次の瞬間…!!

アンテナがシュルシュルと伸び。

トマティの首をがっちりつかんだのだ…!!

トマティが何をしようが外れない…!!

トマティの首をがっちりつかんだのだ…!!

トマティはとても驚きマーサンに助けを求めた。

「マーサン!マーサン!
起きて! 助けて!
装置が首にまとわりついて取れないの…!!
お願いマーサン!!
助けて…!!」

トマティが散々叫んだというのに。
日中の仕事で疲れているマーサンはちっとも起きる気配がない。

しかし散々騒ぎながらも、人肌ほどに暖かい装置の寝息を聞き続けている内に。
トマティは少しずついい気持ちになり。
気がつけば静かに眠りに落ちていたのだ。

こうしてトマティは昼だけでなく夜も寝るようになり。
この島には平和が訪れたのでした。

めでたしめでたし。


みたいなおとぎ話が。

という、ある日の夫婦の会話。

という、ある日の夫婦の会話。

ちなみに、我が家の自動睡眠装置コン吉は。
それはもう立派な仕事ぶりで。
トマコは今日も残した家事を片付けられず。
締切が迫りくる仕事にも手をつけられず。
それはもうぐっすりとよく眠ることが出来たのでした。

自動睡眠装置バンザイ!!

ちなみに、我が家の自動睡眠装置コン吉はよく誤作動を起こし。
深夜に長時間大騒音を鳴り響かせることがあります。

あぁ、早く終われ夜泣き。

今日のショット
これがボクの発明した自動睡眠装置の映像さ!アハ〜ン☆※コン吉遊具で遊ぶの図。
  • トマコさん一家の トマコさんち特別編 NEW!
  • パパママボクわたしのまくら モニターレポート
  • ベランダ用ホースリール モニターレポート
  • ストーブガード モニターレポート


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。