1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.67 プール☆デビュー
子育てマンガ トマコさんち

-Page1/2-
  • 湿気むんむんの、梅雨。
    暑い。
    暑すぎる。
    • 外に出ればまるでお湯の中に浸かっているかのよう。
    • 外に出ればまるでお湯の中に浸かっているかのよう。
  • トマコは決心した。

    庭でプールをしよう、と。

  • 決意したのは朝の11時頃だった。
  • 決意したのは朝の11時頃だった。
    この時間からの準備にはひとつ問題がある。
    そう。

    水の温度。

    家でプールを準備するには、朝早くからプールに水を張らないといけない。
    というのも、水道水はプール遊びするには冷たすぎるのだ。
    朝早くから水を入れていれば、昼前には水が温まって適温になっているが。
    11時から水を入れたのでは適温になるのは昼過ぎで、遊ぶ時間が減ってしまうのだ。
    ならば昼過ぎから遊べばいいではないか、と思ったが。
    • 子ども達にミツカッタ!!
    • 子ども達に
      ミツカッタ!!

  • そして始まる「今すぐ入りたい」コール。
    そうよね…
    暑いものね…
    そして母は決心したのである。

    プールの水を温めてやろうじゃないか、と。

    プールの水を急いで温めたい時、我が家では風呂場からお湯を運んで来て入れるのだが。
    バケツいっぱいにお湯を貯めて風呂場とプールを往復すると
    • 腕と腰がヤられます。
    • 腕と腰が
      ヤられます。

  • 運動から遠ざかった34歳にこの動きはハードすぎる。
    どうしたものか…と思ったその時
    思い出した!!
    そうだ、我が家にはアレがあったじゃないか…!!
    • アイリスオーヤマの、ベランダ用ホースリール!!
    • アイリスオーヤマの、ベランダ用ホースリール!!

  • お風呂の蛇口に取り付けが出来て、遠くにまでお湯を運んでくれるスグレモノ!!
    これを使えば、何もバケツで運ばなくても風呂場から直接プールにお湯を運べるんじゃないか!?
    トマコの目論見はみごと成功し。
    • この距離をラクラクお湯が届く。
    • この距離をラクラクお湯が届く。
  • こうして無事、トマコの腕と腰は守られまして。

    さて!!
    今回のメインイベント!!

    そう、たい蔵のプールデビューです!!

    果たしてどうなるかな??
次ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。