1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.71 赤子の面倒見
子育てマンガ トマコさんち

-Page1/2-
  • たい蔵が1歳2カ月になった今。
    今でこそ、なぁ太とコン吉は遊び相手になってくれるけれど。
    • たい蔵が寝てばかりの赤子の頃は、全然興味がなかった兄たち。
    • たい蔵が寝てばかりの赤子の頃は、全然興味がなかった兄たち。
  • もっとたい蔵と遊んでやっておくれ!
    そんなことを思ったものだった。
  • 春、友人宅に行った時のこと。
  • 春、友人宅に行った時のこと。
    そのお宅に待望の第二子が生まれたということで、お祝い片手に赤子に会いに行ってきたのだけれど。
    その当時、たい蔵は生後11カ月、友人宅の赤子は生後2カ月で。
    • その大きさの違いに驚愕。
    • その大きさの違いに驚愕。

  • 生後2カ月の赤ちゃんてば小さくて儚げで。
    触ると壊してしまいそうで、怖くてなかなか抱っこ出来なかったほどなのに。
    逆に、成長が遅いと言えどたい蔵@生後11カ月。

    驚きの安定感。

    多少転がしても壊れそうにない頑丈さ。
    同じ赤子でもえらい違いだ。
    そんな友人宅では、なんと。
    この儚げな赤子を、第一子のお兄ちゃんが面倒をよく見ると言う。
    しかも、その家のお兄ちゃんはコン吉と同い年。
    • この時2人ともまだ3歳。
    • この時2人ともまだ3歳。
  • 3歳児が赤子の面倒を見る?!
    それはなんとも羨ましいかぎり!!

    と叫ぶトマコだったが。
    おや?
    友人夫婦の顔色がさえないようですが?
    • 言葉のキレもいまいち良くない。
    • 言葉のキレもいまいち良くない。
  • なぜだろうと思ったその時だった。
    • 抱っこしちょるー!!!
    • 抱っこしちょるー!!!

  • 3歳児がね!!
    首がグッラグラの赤子を!!
    誰の手も借りずに自然に抱っこ!!
    これはすごい!!
    ウチの兄たちはたい蔵を抱くのを怖がるってのに!!
    すごいねー!と語りかけた時。
    「これが困るんだよ」
    と友人は言った。
    困る?
    なぜ?
    我が家では、トマコは家事をしていてもトイレに行っていても。
    • トマコは赤子を気にかけてばかり。
    • トマコは赤子を気にかけてばかり。
  • 誤飲とか窒息とか色々心配だし。
    目を離した隙に長いものが刺さったら危ないし。
    なのに2人の兄は、赤子の様子をちっとも気にかけることがない。
    2人で遊んでばかりでちっとも赤子の面倒を見ない。
    赤子が泣いてもそれをBGMにして気にせず遊び続けるほど、無関心。
    ふいに抱っこをしたがることもあったけど。
    • コン吉もたい蔵もお互いが怖がってなんじゃこりゃ!
    • コン吉もたい蔵もお互いが怖がって

      なんじゃこりゃ!

      状態。
  • 事故が起きる心配が低いのはいい。
    けど、もうちょっと関わっておくれよー!と思ったものだった。
    だから、関わってくれるだけいいんじゃないかなと思ったのだが。
    この後トマコはある話を聞いて驚愕することになる…。
次ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。