1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.72 ママと呼ばれたくて、秋
子育てマンガ トマコさんち

-Page1/2-
  • たい蔵1歳2カ月。
    随分大きくなりました!
    赤子から幼児へと変貌を遂げまして。

    順調にすくすくと育っております!

    • たぶん。
    • たぶん。
  • トマコ、三度目の赤子育児。
  • トマコ、三度目の赤子育児。
    ならばもう慣れたものだろう。
    そして赤子にも随分詳しいのだろう。
    そう思ったそこのあなた。

    それは間違いだ。

    確かに赤子には慣れている。
    • うん、一人目よりは格段に上手に扱える。
    • うん、一人目よりは格段に上手に扱える。
  • だがしかし。

    赤子の発育に関しての鈍さハンパネエ。

    赤子っていつ頃座るんだっけ?
    立つのはいつ頃?
    歩くのは?
    しゃべるのは???

    そういう時期的なものに全く疎くなってしまったというか…!!

    こういうのはあれね。
    ほら、初めての赤子の時にはすごく気になっていたけれど。
    三人目にもなるとほら!
    • こんなので満足しちゃうというか!
    • こんなので満足しちゃうというか!
  • だってちゃんと成長してるし!
    良く食べるし!
    元気だし!
    かわいいし!

    そう、かわいいんだし!

    そうは言っても、ちょっと気にしてみようと思った今日この頃。

    マジマジとたい蔵を見てみた。
    そういえば、赤子っていつからしゃべるんだっけ?

    「ママ」とか「まんま」とか「ブーブー」とか、赤子特有の言葉。
    なぁ太やコン吉が喋り出したのっていつ頃だっけ?
    ていうか、たい蔵もそろそろしゃべる頃だっけ?
    いや、しゃべるのってまだ先のことだったかな?
    なんて思いつつ、よくよく見てみると…。
    お腹がすいた時
    • 「まんま」と言ってる。
    • 「まんま」と言ってる。
      たぶん。
  • 大好きないないいないばあをする時。
    • それらしいことを言ってる。
    • それらしいことを言ってる。
      たぶん。
  • だがしかし。
    ここで重要なことに気付いた。

    たい蔵は「ママ」と言わない。

    トマコやマサオを呼ぶ時。
次ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。