1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.73 血は争えない
子育てマンガ トマコさんち

-Page1/2-
  • トマコの家は農家だった。
    トマコの父はその仕事に夢中で。
    • 年に一度の家族旅行でもヨソの農作物ばかり気にするくらい。
    • 年に一度の家族旅行でもヨソの
      農作物ばかり気にするくらい。
  • 今日くらい仕事のこと忘れてよ!という嫉妬の気持ちが
    苛立ちになっていた、トマコ。
    そんな幼少期の、ホロ苦い思い出。
  • 今はね、農業ってすごいって心底思う。
  • 今はね、農業ってすごいって心底思う。
    だって、朝4時に起きて仕事とか。
    仕事に対する姿勢とか。
    簡単に出来ることじゃない。
    手をかけた分、返ってくるやりがいとかも。
    その魅力が、今はすごく良く分かる。
    でも…
    でもね…
    旅行の日くらい勘弁して頂けないかとあれほど思っていた幼少期。
    それなのに。
    • どうして私はこの人を選んでしまったのか。
    • どうして私はこの人を選んでしまったのか。

  • どこに行っても、それが旅行の最中でも。
    稲穂を気にするマサオ。
    まるであの頃の父のように。
    マサオよ、お前は会社員ではないか。
    なぜに稲穂を気にする必要がある。
    そして。
    • まさかの自分。
    • まさかの自分。

  • あんなに!
    あんなにも!
    「お父さんのこと理解できない!」とか思ってたのに。

    ビニールハウスの中身が気になってしかたない不思議。

    いやでも実際、ドライブ中に見る農作物ってばテンションが上がる。
    これは私が大人の楽しみを覚えたからなのでしょうか。
    それとも農家の血なのでしょうか。
    血と言えば。
    トマコの母はうるさい人だった。
    トマコ達がご飯を食べている傍らで。
    • 大きな声で自画自賛。
    • 大きな声で自画自賛。
  • それを一人で何度も繰り返す。

    不思議に思い指摘すると
    • 華麗に切れる。
    • 華麗に切れる。

  • おかしな母さんだよ、と思ったものだったが。

    今なら分かる。
次ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。