1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.74 公園ノススメ
子育てマンガ トマコさんち

-Page1/2-
  • 子どもたちが遊ぶ時。
    必ず起きる、トラブル。
    それは小さなものだったり。
    大きなものだったり。
    親が大きなものと思っても、子供にとっては小さなものだったり。
    その逆もあったり。
    ただ
    • その時、親はどう関わるか。
    • その時、親はどう関わるか。
  • 公園、それは親が試される場所。
  • 朝からトマコは、コン吉とたい蔵を連れて公園に行った。
  • その日。
    朝からトマコは、コン吉とたい蔵を連れて公園に行った。
    その公園は、平日にも関わらず子どもたちで賑わっていた。
    コン吉は幼稚園児で、この日は振り替え休日だったのだけれど。
    他の幼稚園も振り替え休日があったのだろう。
    公園で遊んでいる子は大概、幼稚園に通っているであろう的な年齢の子だった。
    • フレンドリーなコン吉は、初対面の男の子達と一緒に遊びだし。
    • フレンドリーなコン吉は、初対面の男の子達と一緒に遊びだし。
  • その様子を傍目に見ながら、たい蔵の面倒を見るトマコ。
    ハイハイ魔人のたい蔵君は、ちょっと目を離した隙に色んなものを食べようとするので。
    ほんっと目が離せないのです。
    だから。
    コン吉がお友達と遊んでくれるのはすごく助かるのだけれど。
    ここで問題がひとつ。
    男の子の遊びってね、やっぱりハード。
    集団で遊べば、余計にハードさが増す。
    だけど、どこから口を出せばいいのか。
    そこが難しいところ。
    口を出し過ぎてもいけないし。
    かと言って完全放置してもよいわけではなく、やっぱりまだ親が見てないといけない年頃だし。
    お母さん同士が知り合いなら、口を出すタイミングとか確認出来るけど。
    • 初対面のお子さんばかりなので、親がだれなのか分からない。
    • 初対面のお子さんばかりなので、親がだれなのか分からない。
  • 勇気を出して話かけてみるべきかしら?
    でも迷惑だったりしないかしら?
    ああもう、トマコドキドキしちゃう☆
    なんてことを考えていたその時。

    事件が起きた。

    男の子達が、戦いごっこを始めたのだ
    • 繰り広げられるキックやパンチ。
    • 繰り広げられるキックやパンチ。
  • みんな興奮状態だ。

    戦いごっこは本当に悩む。
    それ全てが悪いわけではない。
    ただ、やり過ぎは良くない。
    でも、家庭によって口を出すタイミングは違うから余計に難しい。
    しかも今回の場合、戦いごっこを始めたのはヨソのお子様で。
    • 我が子は遊具で平和に遊んでいた。
    • 我が子は遊具で平和に遊んでいた。
  • まあ、見たところまだ危険なことはしてないし。
    その前にまず、あの子達の親がどう関わるかだな…と思っていたその時だった。
    声高らかに叫んだ人がいた。
次ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。