1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.76 チンパンジー
子育てマンガ トマコさんち

-Page1/2-
なぁ太、もうすぐ7歳。
  • なぁ太、もうすぐ7歳。
    随分成長しましたとも。
    知能もグンと上がりまして。
    やっと。
    やっと、彼を越えたと思ったのです。

    そう。
    • チンパンジー。
    • チンパンジー。
  • チンパンジーの知能は高いという。
  • チンパンジーの知能は高いという。

    それはもう人間の幼児並だとか。
    • ガラスの箱に入った食べ物を取るのに、道具を使ったり。
    • ガラスの箱に入った食べ物を取るのに、道具を使ったり。
  • それを見て。
    果たして我が子は道具を使うという脳があるのだろうかと。
    まだまだチンパンジーには負けるな、と思っていた昨年。
    ええ、なぁ太も小学生になりました。
    随分賢くなったと思います。

    そう。

    彼はもうチンパンジーを越えたのです。


    そんなことを考え、優越感に浸っていたある日のこと。

    トマコは、高いところに収納してしまったものを取ろうと思っていたのです。
    そこへなぁ太がやってきて。
    • さかの提案。
    • まさかの提案。
  • さすが小学一年生!

    なんて頼もしい!


    ただ、彼の背はトマコに比べてとても低い。
    じゃあどうやって取るのだろう?
    自分から申し出たのだから、取る算段は付いているはず。
    • 椅子を持ってきてその上に立つのかしら?
    • 椅子を持ってきてその上に立つのかしら?
      それとも長い棒を持ってくるのかしら?
  • やっぱりチンパンジーを越えた男は違うわ〜、と。
    感心していたその時でした。
    彼は。
    なぁ太は。
    目標物に向かって、両手を開いて。
    叫んだのです。
    • 謎の呪文を。
    • 謎の呪文を。
次ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。