1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 子育てマンガ トマコさんち
  3. vol.98 秋の陣
子育てマンガ トマコさんち

-Page2/2-
  • 衣替えはサクサク進んでいく。
    「いいか!!
    ズボンに気を付けろ!!
    激しく動く男児どもが履き倒したズボンは劣化が激しい!!
    破れているものはないか!!
    ゴムがゆるいものはないか!!
    くまなくチェックしろ!!」
    • 脳内で、衣替え隊長が声高々に叫ぶ。
    • 脳内で、衣替え隊長が声高々に叫ぶ。
  • 「隊長!!
    ほとんどのものが劣化していますが、再生可能です!!」
    「よし!!
    ゴムを取り換えて配置せよ!!」
    なぁ太のおさがりは、修復してコン吉へ。
    コン吉のおさがりは、修復してたい蔵へ。
    たい蔵が着れなくなったものは、ほとんどが廃棄という名の雑巾行き。
    三人を渡り歩いた小さなシャツやズボンを処分しながら。
    やっとおさがりループが終わるという喜びをかみしめながら衣替えを進めていた、その時だった。
    「大変です隊長!!」
    • そこには驚愕の光景が広がっていた。
    • そこには驚愕の光景が広がっていた。
  • それは、今年コン吉が着る予定の秋服だった。
    なぁ太が着て、コン吉も着て、数年後にはたい蔵に回す予定の長袖Tシャツが。
    伸びきった首回りに薄汚れた袖口。
    落ちなかった泥汚れに、どこで付けたかカラフルな汚れも。
    • なんという無残な有様…!!
    • なんという無残な有様…!!
  • さすがにこれはおさがりするには厳しすぎる…!!
    なぜこんなことに…と考えた時に、気づいた。
    赤子の間は成長が速いため、服のサイズもシーズンごとに変わっていくが。
    幼稚園に入った頃から体の成長はゆるやかになり、同じサイズの服を長く着るようになる。
    その分、劣化も激しくなるのだ。
    「隊長!!
    もうダメです!!
    我が隊は全滅です…!!」
    • あまりにもひどい惨状に脳内隊員が泣き叫んだ。
    • あまりにもひどい惨状に脳内隊員が泣き叫んだ。
  • しかし隊長は負けなかった。
    彼は強い男だったのだ
    「よし…そいつらは全部パジャマ行きだ…!!
    パジャマにしてしまえ…!!」
    そう、劣化は服だけじゃない。
    パジャマも激しく劣化していたのだ。
    • シミだらけの長袖Tシャツは、そのパジャマの代わりとして使用されるようになり。
    • シミだらけの長袖Tシャツは、そのパジャマの代わりとして使用されるようになり。
  • その分減った長袖Tシャツは、激安通販で新たに買いあさり。
    こうして、無事、我が家の衣替えは終了したのである。
    衣替え隊ありがとう!!
    またの活躍を期待する!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。