1. 第2回 photoフレーム

手作り雑貨教室

第2回 photoフレーム

第2回 photoフレーム

100円の木製photoフレームをアレンジして、アンティーク風に変えてみませんか?
味気ない100円のフレームも色を重ねたり、サンドペーパーで擦ったりして手を加えれば、重みのあるアンティークな雰囲気が出せます。
穴を空けて、柔らかいアルミのワイヤーを使えば、アレンジも簡単にできます。 色を変えたり、ワイヤーをラフィアや麻ひもに変えたりすれば、違った雰囲気も楽しめますよ。

材料

[材料]
・木製photoフレーム … 1個 
・アクリル絵の具 … 適量
・着色ステイン茶系 … 適量
・園芸用アルミワイヤー … 適量
・木工用接着剤
[道具]
・ドリル
・ラジオペンチ
・サンドペーパー
  • フレームにドリルで穴を開ける。(イラスト) フレームにドリルで穴を開ける。
  • フレーム全体をサンドペーパーでこする。
    ポイント:角を中心に、ところどころ擦ればOK!
  • 下地としてステインを全体に塗り、15分ほど乾かす。
  • (3)にアクリル絵の具を塗り、15分ほど乾かす。
  • フレームの角や淵をサンドペーパーで軽く擦り、下地の茶色を出す。 フレームの角や淵をサンドペーパーで軽く擦り、下地の茶色を出す。
  • ワイヤーを2本用意し、フレームの裏から(1)の穴へ通していく。 ワイヤーを2本用意し、フレームの裏から(1)の穴へ通していく。
  • フレームの裏に出たワイヤーは危なくないようにペンチで丸め、表に出したワイヤーはリボンを作る。 フレームの裏に出たワイヤーは危なくないようにペンチで丸め、表に出したワイヤーはリボンを作る。
できあがり

▲TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。