1. 第3回 ティッシュケース

手作り雑貨教室

第3回 ティッシュケース

第3回 ティッシュケース

涼しげな水色ストライプで夏仕様!イカリマークのボタンとロープを使えば、あっという間にマリン気分♪ ティッシュの箱替えが楽に出来て、使いやすく見た目もすっきりです。取り出し口さえ丁寧に作れば、 あとは直線のみの簡単ソーイング。夏にぴったりのティッシュケースで楽しんでみて!

材料

[材料]
※薄型ティッシュケース用
・布(A) … 36cm×40cm 1枚
・布(B) … 6cm×18cm 1枚
・ロープ(a) … 10cm 1本
・ロープ(b) …  18cm 1本
・ボタン … 1個
[道具]
・縫い糸
  • ※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
  • ハサミで布(A)と布(B)のティッシュの取り出し口を切り取ります。 ハサミで布(A)と布(B)のティッシュの取り出し口を切り取ります。
  • 布(A)と布(B)を中表に合わせて重ね、取り出し口の周りを縫い合わせます。 布(A)と布(B)を中表に合わせて重ね、取り出し口の周りを縫い合わせます。
  • 布(B)を取り出し口の中へ通しながら裏返し、布(A)の表から周りを縫います。 布(B)を取り出し口の中へ通しながら裏返し、布(A)の表から周りを縫います。
    ポイント:切り込みを入れることが綺麗に仕上げるコツです。
    切り込みを入れることが綺麗に仕上げるコツです。
  • 布(A)を中表にして二つ折りにし、横、縦を筒型に縫います。 布(A)を中表にして二つ折りにし、横、縦を筒型に縫います。
  • 入口を4cm折り込み、切り端を中へ入れて3つ折にして縫います。
  • 縫い止めた奥側は、ティッシュ箱に合わせて布を折り、両端を結んだロープ(a)を縫いつけます。 縫い止めた奥側は、ティッシュ箱に合わせて布を折り、両端を結んだロープ(a)を縫いつけます。
  • ティッシュの入口側に、ボタンと2つ折にしたロープ(b)を縫いつけます。
できあがり

▲TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。